加工について

打ち直し・仕立て替え

当社では、綿(めん)布団の打ち直しや、羽毛布団の仕立て替えも取り扱っております。

綿布団は、中の綿を見て最善の方法を考え、お客様のライフスタイルに合うよう相談しながら提案させていただきます。

羽毛布団は、当社指定工場へ直送し、一枚ずつ丁寧に仕立て替えてもらいます。

いずれも、時間がかかる作業ですので、時間に余裕を頂きたいと思います。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

コチラの記事もご覧ください。

☎088-623-2366 やまぜん まで。

 


布団の側(がわ)生地

ほんの一部ですが、生地の見本です。


お母様が残してくれた敷布団

関東地方からお母様の看病のため、帰られたお客様。
お母様を最後まで看取られ、お家を整理していらっしゃいます。
その中に、ほぼ新品の敷布団がありました。
「この布団だけは残したいなぁと思う布団があるんです」と、日曜市の時にご相談を受けました。

ご希望としては普通の敷布団より幅を狭く作れますか?とのこと。
打ち直しをするので、サイズは思い通りになりますよ、とお伝えいたしました。

後日早速お布団をお持ちくださり、ご希望のサイズに作り直すことといたしました。

中身の綿はとても良さそうです。
(綿は外側からだけではわからないのです。中心部分まで拝見しました)

そして、外側の生地をお選びいただき、ご希望のサイズのお布団が出来上がりました。

巾が若干狭いので、カバーも別誂えで作らせていただきました。
綿はしっかり入っているのが好きとのこと。
しっかりと入れさせていただきました。

使える敷布団ができて良かったです。

良いお仕事に携われました。有難うございました。


お客様用座布団から、普段用座布団へ。

ご結婚の時にお持ちになられた、お客様用の座布団。
こちらもなかなか使う機会がなく、眠ったままになっていました。
そこで、側を外して打ち直しをします。
その後、長座布団を二枚と、普段用の座布団を作ることにされました。
中の綿はしっかりしていて、ずっしりと入っていました。
中身だけで、合計11キロもありました。

普段用の長座布団2枚と、食卓用の小座布団が10枚できました。
出番が少なかったお客様用の座布団が、生き返りました。
中身の綿もしっかりしていて、本当に良かったです。

これで、日々お使いいただけそうです。
座布団をご準備くださった、ご両親も喜んでくれていると思います。

良かったです。


掛け布団から、食卓座布団へ

最近では軽くて暖かい羽毛布団を使われる方が多く、わたの掛布団は押し入れに眠ったまま・・・。

そんな方が増えています。


今回のお客様も、そんな掛布団を食卓用の座布団に変身させてほしいとのご要望です。

 

まずは外側の生地を外して綿だけにします。
こちらを打ち直して、座布団に変身させました。

とても華やかな食卓用の座布団が出来上がりました。
食卓の椅子って、いつの間にか傷んでいることがありますよね。
ダイニングが明るく気持ちよい空間となってくれそうです。

押し入れを占領していた布団のスペースも空いて、打ち直し作戦大成功です。


無地の掛布団を作る

お客様より、お電話を頂きました。

掛け布団を打ち直ししてほしいというご希望です。

今、カバーリングをかけているのですが、布団の側生地が透けて見えるのが嫌なので

無地の生地で作ってほしいとのご希望です。

布団の中身の綿は良い綿だったので、打ち直しをしてもよいものができそうです。

また、お客様は身長が高いのですが、お持ちくださった掛布団はやや丈が短いので

10cmほど長くさせていただきました。

無地の掛布団ができました。

四隅にカバーを留めるためのリボンも付いています。

サイズが大きくなった分、外側に新しい綿を少し足させていただきました。

厚すぎず、いい感じに出来上がりました。

ありがとうございました。


赤ちゃんのお布団を作る

お客様のご準備された生地や、可愛いbaby用の生地を使って、赤ちゃんのお布団も作れます。

新しい綿を使ってもよし、お持ちの綿を使って頂いてもかまいません。

お好みのサイズに仕立てることができます。

既製品のbaby布団が無い時などもあります。

オーダーがききますので、とても便利です。

保育所のお昼寝用布団も作れます。ご用命お待ちしています。


掛けふとんをふんわりと生き返らせる、打ち直し

お嫁入りの時に作られた掛けふとん。

奥様のラッキーカラーのオレンジです。

三十数年使って頂き、随分ぺたっとなってしまいました。わたをほぐして、ごみを取り除き、掛けふとんを復活させます。


オレンジ色の掛け布団がこんなにふわふわに仕上がりました。

大きさも今のシングルサイズです。150㎝×200㎝

婚礼布団には沢山の綿が入っていたので、打ち直しをしても、綿が少し余りました。

軽くて柔らかくて、吸湿性もあります。

お日様にも干せます。

これで、快適に眠れます。



破れた座布団を使えるように綿を打ち直し

結婚の時に持参された座布団。

外側が絹だったので、生地が朽ちて破れてしまいました。

中に入っている綿はしっかりしています。

こちらも綿をほぐして復活させる「打ち直し」を行って、長座布団を作ります。



ずいぶん圧縮されていた座布団の綿を打ち直すとふわふわになりました。

その綿を使って、こたつの近くでごろんとなれる、長座布団が2枚できました。

また、綿がたくさんあまりました。また、何か作れそうです。

 


洋風の小さい座布団に変える打ち直し

タイシルクの座布団の生地
座布団の生地

夏用の座布団5枚をお預かりしました。

ずいぶん薄くなり、外側の麻の生地も傷み始めていました。中の綿を打ち直して、お客様がご準備されたタイシルクのブルーの生地を使って50㎝角の座布団に作り替えてみました。


真四角のモダンなカラー座布団の完成です。

オリジナル座布団はステキですね。あんなにペタンコだった座布団が復活しました。

打ち直して大成功ですね。