ひとりで着物を着られるようになりたい あなたのための着付け教室のご案内 一回1000円

不思議な「衣文抜き」プレゼント!

☎ 088-623-2366

はじめまして山口哲代(てるよ)です

徳島市で繊維卸売業を営んでおります、山口てるよと申します。

着物離れが取り上げられてて久しい昨今です。

皆さま たくさん着物をお持ちなのに、「タンスのこやし」に なっている方がとても多く、すっと残念に思っていました。

私自身も子育ての間は着物から遠ざかっていたのですが、茶道を再開し、着物を着る機会が増えました。そうすると、「ああ、着物って難しくないんだ。」「苦しいこともないし、簡単に着られる。」ととても嬉しくなったのです。

お茶会はもちろんですが、同窓会に着物で行ったり、京都まで歌舞伎を見に行ったり。楽しい活動が広がりました。

それ以来、なんとか、たくさんの方に気楽に着物を着ていただけるようにしたい!と一念発起。格安の着付け教室を開催することにしました。

ご自身で着物に親しんで頂くことを目的に開催している教室です。

お手持ちのきものや帯を使って着付けの勉強をいたしますので、

「売りつけられる」心配は全くありません。着物を使ってあなたの人生の巾を広げるお手伝いをさせてくださいね。

では、どうして着物が遠ざかってしまったのでしょうか。

 いつかは、着物も着てみたいけれど・・・時間が無い!

 いちいち着付けてもらうのは、お金も手間も時間もかかる。

着物は着られるけれど、帯の結び方だけがわからなくて、お出かけできない

 自己流の着付けなので、美しくない…

いつの間にか着くずれしてしまうんです。

 

そうなんです。気になる問題があるから、着物が遠ざかってしまったんですね。

 

もしも、着物を自分で着られたら・・・?

 

もし、自分一人で着物を着られたらどうでしょうか。

しかも、美しい着姿だったら。

 

みんなが、あなたを振り向いてくれる「憧れの存在」になれます。

 

そして、行動範囲が広がります。

旅先でも一人で着られます。

高速バスや飛行機で古都へお出かけ。それもいいですね。

着くずれしても、自分で治せちゃいます。

京都の町を着物で気軽に歩けるなんて、とても楽しいですね。

 

 

もし自分で着られなかったらどうでしょう。

9時開始の行事に出席しようと思ったら、朝6時には美容院へ行かなくてはいけません。

遠い場所で、着物を着るとなると、美容院を探して予約しなければ着物は着られません。

 

せっかく、持っている着物や帯は、タンスの中で眠ったまま。

使われることなく、カビが生えたり、シミが出来たりしてしまいます。

 

これでは、悲しいですよね。

みんなが気にしている着付けの心配ごと3つ

その1 おはしょりが、ぐちゃぐちゃして綺麗じゃないので、着物が着られないんです。

 まず、あなたに合った補正ができていないのかもしれません。

補正をするべき場所は、一人ずつ違うんです。

ふっくらされた方、スマートな方、いかり肩の方、なで肩の方、

背の高い方、背の低い方などなど。

全ての方が同じ補正で美しいはずがありません。

山善着付け教室では、それぞれの体型に合わせた補正を指導していきます。

その上で、きちんと腰ひもを締めて、おはしょりの始末をすれば、大丈夫です。

 ばっちり、お教えいたします。

美しく着物が着られるようになりますよ。

 


 

その2 帯結びが、なかなか覚えられなくて・・・

 

覚えるスピードやコツも人それぞれ違います。

理路整然と覚えたい方

何度も繰り返しゆっくり練習したい方

短期集中で覚えたい方。

 

 

大きな教室のいっせいカリキュラムだと、全員に合わせて進まざるを得ないので、じっくりゆっくりできません。

当社の着付け教室は、マイペースでゆっくり学べるので、自信がない方も安心です。

あなたの希望に沿って何度でも繰り返し、丁寧にお教えいたします。

 

特に帯結びは、腕が上がらないなど、健康問題も心配ですよね。

でも、そんな問題があっても大丈夫!

からだの調子に合わせて指導方法も変えていきますので、安心してくださいね。

少人数制なので、目が行き届きます。

決して、「迷惑を掛ける」などの心配は不要です。

 

必ず、簡単に結べるようにお教えいたします。


 

その3 上手に衣文(えもん)が抜けなくて、衿元がスッキリ着られないんです。

 

 

 私自身が、着付けを習い始めた時、一番につまづいた、ポイントです。

本当に、苦労するところですよね。

それを解決するために、一工夫した、独自の着付け方法を指導しています。

まずは、是非体験してみてください。

楽しいですよ。


「山善着付け教室」なら、「着物を着たいけれど自分で着られない」という不安を解決して、あなたの夢をかなえます。


どんな人が通っているの?

着付け教室に通われる方は、20代~60代の方が多いです。

皆さん、ほぼ初心者の方ですので、着物の種類、たたみ方など、基礎からお教えいたします。

安心してお越しください。

TPOはもちろん、季節によっての着物と帯の取り合わせもアドバイスいたします。

 

着付けの技術、着物と帯の取り合わせ、季節の組み合わせなどなど、総合的に学べる教室です。

 

やまぜんの着付け教室とは

  • 入学金はゼロ 
  • 一回1000円!
  • 駐車場代無料
  • 少人数制で不安なし
  • 高額商品を売りつけられる心配なし

好きな時に着物を自分で着て、お出かけできるようになります♡

 

こんな方にお薦めです

 

お母様やおばあさまが着物をたくさん持っている方。

 

お茶や日本舞踊、お琴の会など、着物を着ることが多い方で

自分一人で着てみたいと思われる方。

 

着付けの基本はわかっているけれど、忘れてしまったので、復習して自分で着てお出かけしたい方。

 

ピンポイントでわからない所を学べば、一人でお出かけで着る、完成まであと少しの方。

 

こんな方には向きません

 

振袖の変わり結びをしたい方。(一人ではできません)

 

自分一人で絶対着物を着たい!という気持ちの少ない方(情熱が第一です)

 

 

生徒さんの声

T.Kさん41歳 講師業

 

きっかけは、何でしたか?

すっと、着物に興味があったのですが、なかなか通える時間がありませんでした。

今回、タイミングよく、通える時間ができました。

そこで、教室に申込みました。

学んでみてどうでしたか?

着付けを学んでみて、自分の世界が広がったし、新しいお付き合いも出来ました。

県外で自分で着物を着ることもできました。

今では、着たい時に好きな着物を着ることが出来るようになりました。

学んで本当に良かったと思っています。

着付けを学んでみたいと思っている方へ一言

思っているだけでなく、ぜひ一歩を踏み出してください。

学んでみたいと思って始めるなら、絶対に後悔しない教室です。

 

 


S.Nさん23歳 大学院生

 

きっかけは、何でしたか?

マイサイズの着物を購入したので、自分の力で着たくなったから。

着ていきたい場所も決まっていたので、頑張れると思いました。

学んでみてどうでしたか?

私自身に合った着方を指導してくれたので、とても助かりました。

着付けを勉強してから、京都へ一人で出かけて、とても楽しかったです。

東京のホテルでも一人で着物を着られたんです。自信が付きました。

今年はお花見も着物で出かけられました。

着付けを学んでみたいと思っている方へ一言

着付けって、難しそうですよね。

でも、大丈夫です。

とりあえず、やってみて!

意外と簡単♡

 


カリキュラムの一例

1、長襦袢の着方・たたみ方

長襦袢の特徴、衣紋抜きの説明から入ります。

補正のしかたは、一人ずつ丁寧に指導します。長襦袢の着方、たたみ方をお教えします。


2、一人で長襦袢を着る、たたむ。

きちんと、補正をして、一人で長襦袢を着てみます。

一人で着た時のチェックポイントをお教えし、練習します。

長襦袢をきちんと着用できないと、その上に着る着物は美しく着られません。

基礎を大切にします。

半衿のかけ方もお伝えし、たたみ方も復習します。


3、着物の着方・たたみ方:その1

長襦袢の上に、着物を着てみます。まずは、柳衿(バチ衿:ゆかたのような着物)

一回目は裾合わせと、第一腰紐まで。

ここが、きちんとできると美しい着物姿になります。慌てずじっくり練習しましょう。

着物のたたみ方も指導いたします。


4、着物の着方・たたみ方:その2

着物を完璧に着用します。今回は、広衿(フォーマルな着物)

おはしょりの処理、衿合わせを整え、帯を締められるよう、伊達締めを締めます。

着た後の着物の保存方法もお教えいたします。


5、名古屋帯の結び方:その1

着物は着用せず、名古屋帯の結び方の練習をします。

結び方を何度も練習します。帯揚げをかけて、帯〆も締めます。

名古屋帯の仕組みを理解します。

名古屋帯のたたみ方も指導します。


6、名古屋帯の結び方:その2

長襦袢、着物を着用し、名古屋帯を結んでみます。

ここまで、できれば、お出かけできますよ。

 


7、訪問着・留袖の着方

フォーマルなシーンで着用することの多い訪問着や留袖を着てみます。

訪問着には、重ね衿を使用します。留袖には比翼が付いています。

美しく着るために練習してみましょう。

 


8、袋帯の結び方:その1

名古屋帯と袋帯の違いを理解してもらいます。

着物を着用せずに結び方を練習します。帯揚げ帯〆も締めてみます。

袋帯のたたみ方、保存方法もお伝えします。

 


9、袋帯の結び方:その2

フォーマルな着物を着用して、実際に袋帯を結んでみます。

ここまで進めば完璧ですね。

 


10、みんなで、お出かけ

自分で着物を着用し、名古屋帯を結んでみんなで、お出かけしてみましょう。

何かあっても、先生と一緒なので、安心です。着物を楽しみましょう。

 


11、着くずれの対処方法

実際に着物を着て動いてみて、初めて気が付く、「着くずれ」

もし、ここが着崩れたらどうすればいいか、応急処置も含めてお教えしたいと思います。

 


一人ひとり学ぶスピードが違いますが、名古屋帯を結んでお出かけできるまでに5回あれば一通り学べます。

名古屋帯を学ばず、袋帯に置き換えても回数はほぼ同じです。

わかりにくい所を集中的に学ぶ場合は1回で終了できると思います。

女性を数倍美人に見せてくれるツール、それが着物です。

いつでもあなたの着物姿を応援します。ぜひチャレンジを!

☎ 088-623-2366

不思議な「衣文抜き」プレゼント!

スケジュール

日時

毎週金曜日 AM10:00~AM11:00 

毎晩 PM7:30~PM8:30 先着順

準備物  着たい着物や帯、着付け小物(持っているもの)
料金  一回1000円
駐車場 店の前 無料です。

よくいただく質問

Q 着物や帯を持っていないのですが・・・

着てみたい着物や帯を使って練習するのが最適ですが、

お母様やおばあ様は、着物をお持ちかもしれません。

それなら、お借りしやすいですよね。

また、ポリエステルの仕立て上がりのお着物も安くございますので、お気軽にお問合せください。


Q 着付けを習うために必要なものはありますか?

長襦袢、着物、名古屋帯、帯揚げ、帯〆、着付け小物が必要となります。

お手持ちのものをお使いください。

長襦袢を着るために必要な小物

足袋

和装下着(ワンピース型でも上下別でも良い)

和装ブラジャー(あると着姿が美しくなります)

衿芯

コーリンベルト、または腰ひも

伊達締め(マジックベルト)

ヒップパット(必要でない方も)タオル

 着物を着るのに必要な小物

 着物クリップ

腰ひも

伊達締め(マジックベルト)

コーリンベルト又は腰ひも1本

袋帯・名古屋帯を結ぶのに必要な小物

前板

帯枕

腰ひも3本

帯揚げ

帯〆

 

※こちらのブログに写真付きで紹介しています。参考にしてください。

 

※足りない場合は、卸売価格にてお買い上げ頂けます。お気軽にご相談ください。


Q 他教室で習った小物は使えますか?

前の教室で使用していた、小物も引き続きお使いいただけます。

「自分で着物を着る」という目的は同じなので、安心してお申し込みください。


Q 着物や帯を売りつけられたりしませんか?

着てみたい着物は、ご自分でご準備いただきますので、そういった心配はありません。

 


先生ってどんな人?

私がお教えします。

どうぞよろしくお願いします

 

氏名: 山口哲代(てるよ)

年齢: 1963年2月生まれ 既婚

職業:株式会社 山善 取締役

性格:おだやか 明るい

趣味:茶道 読書 ヨガ


着物って不思議なんです。

着始めると、着付けのスピードがぐんぐん上がっていくし、20分あれば完璧です。

着こなしも美しくなっていきます。

また、どうすれば楽に美しく着ていられるかも、わかってきます。

そのためにも、まずは着物を着てほしい!

そう思ってこの教室を始めました。

 

着物は、日本古来からあった民族衣装。

私たちが着られない訳がありません。

たくさんの難しい道具はいりません。

シンプルな小物が少しと、後は「着物を着たい!」と願う気持ちだけあれば十分です。

 

着付けを習得すれば、一生の宝。

決して急ぐ必要はありません。

きっちり、ゆっくり、繰り返しご自分のペースで覚えていただけたらと思います。

私と一緒に勉強してみませんか?

きっと、楽しい時間が待っていますよ。

なんと言っても1回1000円!まず一度お試しください。

お申込み、お問い合わせを、お待ちしております。

 

 

不思議な「衣文抜き」プレゼント!

☎ 088-623-2366

場所


〒770-8056

徳島市問屋町139番地

 

絹の館 山善(やまぜん)1階和室

 

通常営業は繊維団地にて卸問屋をしていますので、

前のシャッターは閉まっています。

正面左側のチャイムを押してください。

 

088-623-2366