着物再生プロジェクト

若かりし日に作った着物や帯が「派手になって使えない。」そんな声をよくお聞きします。

 また、おばあさまや、お母様の帯や着物、「使いたいけれど、小さいの。どうにかなりませんか?」

 そうなんですよね。でも、大丈夫!お任せ下さい!

 使いたいけれど、使えない。

 そんな、着物や帯を再生させることに挑戦していきます。


羽織から四つ身へ

お客様のご要望で、

羽織用の反物を使って三ツ見の着物を作らせて頂きました。

 

可愛い、朱色の羽尺(羽織用の反物)。

羽織として作ってもとても可愛いのですが、

冷暖房の効いた現代では

羽織の出番は少なくなっています。

 

そこで、お孫様のための着物を制作してください、とのご要望でした。

四ツ身の着物は既製品で安く存在するのですが、

三ツ身の着物は作らないとなかなかありません。

共色のぼかしの八掛けと、正絹の胴裏を付けて

かわいい、三ツ身の着物が出来上がりました。

長襦袢はお客様がお持ちの反物を使いました。

可愛い半衿とピンクの袖裏を使用し、長襦袢も可愛い。

 

県外のお孫さんの所で、実際に着てもらい、

お客様ご自身が「揚げ」を施されるそうです。素晴らしい。

 

お召になったところの写真を拝見するのが楽しみです。

 

このように、着物はいろんな変化を楽しむことができます。どうぞお気軽にご用命ください。

心よりお待ち申し上げております。